住まい・インテリア

2010年8月 3日 (火)

バナナの子

うちのバナナに子どもができました。

011_2 
去年から育てているやつですが、北陸の冬が寒いためか、なかなか大きくなりません。
しかし、実をつける前に二人も子どもを作りやがりました。
もー、順番が違うでしょ~?

ニッチの人達に里親になってもらおうとしたけど、二人とも一切興味を示さず。
『自家製バナナの味は格別です。』って書いてあるから!」って言っても鼻で笑うのよ!(バナナがなってもあの人たちには絶対やらないんだから!)

数人にアタックした結果、友達のお嫁さんとお姉さんがもらってくれることになりました。
決めゼリフはやはり、
『自家製バナナの味は格別です。』
これで乗ってくるかどうかを今後私は心の美しさのバロメーターにしたいと思います。

また、バナナの木は「生きた加湿器」と呼ばれるほど蒸散作用があるため、冬場の暖房で乾燥した部屋では天然の加湿器として活躍します。
葉っぱもおしゃれな観葉植物としてお部屋のインテリアに…。
そしてなにより、
『自家製バナナの味は格別です。』

あなたのお家にも、お一ついかがですか?

以上、バナナの伝道師でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

カゴ

みほママが籠をいっぱいもらってきてくれたので、リフォームで余ったペンキを塗ってゴキゲンにカスタマイズしていたところ、まーの野郎がじーっと見て、「水色も欲しい。」と言いやがりました。「水色はない。」と言うと、「その白いのはお持ち帰りのお菓子入れに使えそう。」とか、「シマシマは難しそうね。」とか、さりげなく要求してきます。こっちは、「あぁ?」と言ってやります。カフェでしょっぱいものを出してくれたら考えてやってもいいと思います。

まーちゃんのことはおいといて、籐とかの籠にペンキを塗るのはけっこう量がいるのでびっくりしました。編んであるから表面積多いし、吸うしね。目の細かいとこまでなかなかいかないわー。ジャブって浸けたいー。そのままだと色移りするかもしれないので、ウレタン・ニス塗ってできあがりー。

しかし、エルデコな仕上がりを期待したのになんかキッチュでアジアっぽい…。ニスの艶がビニールっぽいからか。嫌いじゃないけどー。

Dscn2343

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

部屋のあかり

先日、作業をしていたら、途中で涙が止まらなくなって、作業を中断しました。べつに何かに感動したわけではなく、目が痛くなってじっと見ていられなくなったからです。

なんでだ?と原因を考えてみると、裸電球の下で作業していたからみたいでした。エコな電球タイプの蛍光灯の白熱灯色です。ややこしー。

一応、スポットもあてていたのですが、白熱灯色って目に悪いんですかね。100Wなのになんか暗いし。久々に目が血走って、家に帰ってもパソコンの画面が見てられませんでした。一晩寝てもまだちょっと痛いし。これに懲りて、蛍光灯色のデスクライトで照らすようにしたら、大丈夫になりました。味気ないんですが、目が痛くならないようです。作業には味気なくても実を取らんといけませんね。結局、色も見やすいし。

みほちゃんもこの点で作業部屋の照明に悩んでいるらしい。昼光色って自然光に近いといわれる色も自然光と全然違ってしらじらしいしねえ。部屋作りで一番の悩みどころは照明かもしれませんね。

ちなみに私の部屋が裸電球なのは気に入った照明器具がなかなかないからです。好きでやってんじゃないけど、馴染んできたな…。このままかもな…。

Dscn2327_2 100w白熱灯色と気休めの60W昼光色のダブル使いですが、W数のわりに暗いですね。こりゃー目に悪いわー。それにしてもエコ電球は高いぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

リフォーム前

 夏休みを利用してみんなで内装をリフォームしたのですが、夏休みだけではやっぱ終わりませんでした。私の夏休み+秋はほぼこれに費やされたのでした。しかし、人生で一番集中した濃い~い夏でした。(ペンキや壁塗りで二の腕が締まったという素敵なオプション付き。)

  天気のいい日が続いたので、あまり悲壮感もなく、暑かったけど風通しのいい家なので、我慢できないほどでもなかったです。

 最初はできるんかな?と自分たちでもピンと来ていませんでしたが、3人とも得意分野が違うので、役割分担が何となくできてサクサク進みました。かぞえてみたら、11部屋(トイレ含む)+玄関・階段をやりました。おぉー。

 それでは、リフォーム前の様子を恒例のスライドショーでご覧ください。↓

http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_090205168007_1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

天窓

 ニッチの台所には吹き抜け状の天窓があります。もともとはうどん屋さんだったので、湯気を逃がす換気用だったらしいです。ほっとくとゴミが落ちてくるので、今は半透明のプラ板でおさえてあります。ここからいい具合に光が入るので、「ステンドグラスでもつけるか!」ということになりました。けっこうでかい天窓なので仕組みはどうするか検討中です。夜も電気で光らしてくれるらしいです。うひょ。

Photo

 ウワサの天窓。1633×720mm!

 

 

 私はせっかちなので、もうデザイン描いちゃった。「仕組みをしっかり決めてからや。トレースするのはもうちょっと待て。」と言われたのですが、早くやっちゃいたいです。

 ↓かなーり前にステンドのティアラを遊びで作って以来の大作でございます。

Dscn2217

 

 

 

 まーちゃんから「キッチンで仕事するのは私なんだから、死なないようにちゃんと作って!!」と言われました。オーメンかサスペリアかでそんな死に方の人がいたかもしれません。「かっこいいじゃん。」といったら怒られました。

Photo

今月号のチルチンびとにみほちゃんの記事が載ってます。見てみてね。中日本てコーナーです。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

約半年

 2008年夏に運良く一軒家を借りることに成功しまして、床を張替え、壁を塗り、ちまちまペンキを塗り、現在冬を迎えてなんとか工房+時々カフェ「ニッチ」としてカッコがついてきました。

 最初は女子3人で泣きが入るほどぼろぼろの家でしたが、各々役割分担してなんとかなったので、びっくりしました。3人ともそんなにたくましくもなく、どっちかというとへなちょこですが、できちゃたー。イェーイ。協力してくれた方々、本当にありがとうございました!

 大家さんが非常に寛大で、まさに好き放題させていただきました。3人とも一軒家を借りたことがないので知りませんでしたが、こんなにやらせてくれる大家さんはなかなかいないそうです。ありがたいですねー。

 THE昭和のお家というかんじで、建具も今はないような模様入りのガラス戸が部屋の仕切りになっていたり、屋根裏に続く階段があったりしておもしろいです。なので、なるべくあるものを生かしてやりました。お金がないのもあるけどねー。まだ、リフォームは完全ではありませんので、これからもちょこちょこやっていきます。おかげで私(めん)の制作はまったく進みませんが、家自体が共同作品になりつつあるので、まあいいです。

 家=空間を好きなようにするって楽しいもんですね。そして、案外やればできるのでした。欧米人が「直しながら住む」という意味がわかる様な気がします。私は欧米人のお父さんになった気分でいじくっています。

 

↓リフォーム後の様子が見れます。見てみてね。http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_090202167035_1.htm

Web

月イチでイベント的にカフェをやります。2月の「時々カフェ」は7日(土)・8日(日)です。「バレンタイン・カフェ」がテーマです。チョコ系のお菓子が出ます。まーちゃんのいれるコーヒーはおいしいよー。ぜひおいでください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)